お気楽バーダー -> シンガポール探鳥記 -> 探鳥場所 -> ジュロンバードパーク -> 施設別メニュー -> 天国の鳥


鳥舎は、道路に面した傾斜地に建てられていて、斜面の一番低いところから屋根までは相当な高さがあります。 大きな木が植えられており、通路からは、その木を見下ろすことになります。 鳥舎はガラスで仕切られていますが、汚れていないので撮影の邪魔にはなりません。 相当な密度で木が植えられているので、木陰に隠れている鳥は見つけ難いかも知れません。

パラダイスの鳥? ふ〜ん。 パラダイスという言葉に関西系のわたくしは、TVの”探偵ナイトスクープ”を連想し、本気になれませんでしたし、鳥舎に入って小鳥を写すことに夢中だったのでここで時間を費やすことはないとも思いました。 建物の写真すら撮り忘れたくらいです。 パラダイスの鳥、Bird-of-Paradise フウチョウのことです。 極楽鳥とも呼ばれ、以前NHKの天国の鳥として紹介されました。

正直って 大変後悔しています。 だって、一生見ることのない鳥ですから、写真に撮ったフウチョウ以外にも、King Bird of Paradise *とか Wilson's Bird of Paradise *などがいるそうです。 残念です。

* Robert's Digital Photographyのホームページから

コフウチョウです。黒く見える顔下部は緑色です。 長い尾羽を振り上げて求愛ダンス(display)をするそうです。

コフウチョウ (Lesser Bird-of-paradise)
コフウチョウ (Lesser Bird-of-paradise)  幼鳥
羽が抜けたのか、これからはえてくるのか、痛々しい姿です。
ジュウニセンフウチョウ.。ほんとうは こちら * で見られるようにとても綺麗な鳥で、ピアノ線のような飾り羽が特徴です。 低い枝に止まっていたので、真上からの写真になりました。 こんな位置から鳥を写すなんて、願ってもできるものじゃないですが、この鳥の尾羽の美しさは撮れていません。 もう一枚にも写っていません。 ショックです。 撮りなおしたい。
ジュウニセンフウチョウ (Twelve-wired Bird-of-paradise)